フォーラム要約

メリディアン180では、フォーラムで行われた議論の要約を一般公開しています。要約は主にコーネル大学大学院の学生やメリディアン180のスタッフが作成しております。

知識層は財政の行き詰まりを解決できるのか?
齋藤智弘

米国は財政の崖を転がり落ちている。2013年初頭にブッシュ政権時代から続く減税措置の延長を決定してからというもの、政府は激しい意見の対立に直面している。本フォーラムでは、財政危機における知識層の役割について、意見が交換された。(要約を読む)

| 0 comments

高齢化国家において民主主義は持続可能か?
マイケル・リー (Michael Lee)

現代における多くの先進国は民主主義と資本主義という二つの制度を基盤としています。現代国家の始まりは二つの革命を経て初めて本格的に動き出したといえ ます。その二つの革命とは、民主主義を政治制度として確立した市民革命と、資本主義を経済制度として確立した工業革命です。今日においては、多くの近代国 家は政治には民主主義体制を、そして経済には資本主義体制を敷いています。 (要約を読む)

| 0 comments

通商用語: 言葉の不正確さと、その有用性について
オーデ・ロペス (Eudes Lopes)

言葉の曖昧性は、解釈の違いや、意見の相違、あるいは誤解などを生む。そして言葉が曖昧であるからこそ、法もまた曖昧になる場合があると言える。本フォー ラムでは、外交や国際政治の領域において言葉の曖昧性がどのように利用さているかについて、世界貿易機構に焦点を置きながら、意見を交換した。(続きを読む)

| 0 comments

プライバシー2.0
エリーズ・デヴィード ( Elise DeVido)

現代の民主的ガバナンスにおける透明性は、治める者が有する情報や下した決定を、公衆が精査する権利を設けることで、責任性の[所在の明確化]と正当性の 確立が得られる、という考えに基づいています。しかし、国家機関の権力を変える、あるいは崩壊させることを意図して、国家機密を暴露する者もいることか ら、透明性はより過激な形で実現しているとも言えます。 (続きを読む)

| 0 comments

Pages